楽天経済圏生活のお得情報

楽天ウォレットでビットコインにポイント投資をおすすめする理由

楽天ウォレット ポイント投資

当ブログ「楽天経済圏完全攻略ガイド」では工夫して買い物をしたり日々のポイ活で楽天ポイントを貯めて、そのポイントで資産形成することをおすすめしています。

ポイントの投資先は楽天証券での投資信託が1番だと思っていますが、楽天ウォレットという比較的新しいサービスで、ビットコインを代表する仮想通貨にもポイント投資をすることができます。

2017年頃の大暴騰で「億り人」を何人も生み出し、テレビで毎日のように話題になっていた仮想通貨は記憶に新しいところですが、これからの資産形成としてどうなのでしょうか。

私の結論としては「楽天ウォレットで買付ができるビットコインへの投資は魅力的で、おすすめできる」です。

この記事ではビットコインがなぜ魅力的な投資なのかということと、楽天ウォレットで実際にビットコインを買う方法について紹介していきたいと思います。

 

なぜビットコインは魅力的な投資先なのか?

 

仮想通貨は1,000を超える銘柄数があると言われており、仮想通貨市場全体の時価総額はこの記事を執筆時点で約22兆円となっています(ちなみ時価総額1位のトヨタが約21兆円です)

その仮想通貨の時価総額の63%ほどを占めるのがビットコインです。

世界初の仮想通貨でもあり、ビットコインが下落すれば仮想通貨市場全体も下落し、逆にビットコインが上がれば市場全体も上がっていく傾向が強いため「仮想通貨の王様」として扱われることもあります。

また日本ではビットコインには怪しいイメージがついて回りますが、世界的にはどんどん資産または通貨として認められつつあります。

 

最近のビットコインの出来事
  • イタリアでビットコインの決済利用数がクレジットカードを超える
  • 一部の地域で税金をビットコインで支払えるようになった
  • 金融市場の大暴落で先駆けて値を戻した

 

このようにビットコインについて詳しくない方にとっては驚くようなことが世界では起こっているのです。

決済手段より価値の保存として注目されているビットコイン

日本ではビットコインは新しい決済手段としてテレビやニュースで取り扱われることが多く、一部の電気屋などでは実際にビットコインで商品を購入することができました。

しかし送金までに時間がかかったり送金手数料が高いこともあるビットコインは、Suicaや楽天Edyなどの電子マネーが優秀な日本では日常的に使われるようになるのはだいぶ先のことでしょう。

決済手段としてはイマイチなビットコインですが、世界的には価値の保存の手段として注目されています。

例えば昨今のコロナショックにより世界の中央銀行が市場に大量の資金を供給する「量的緩和」が行われていて、いずれインフレが起こるのではないかと予期させる状況に陥っています。

通貨の価値が下がるインフレに強いとされているのが、市場への供給量が一定で希少性のあるゴールドですが、ビットコインにもゴールドと同じような特徴があり、ビットコインのことを「デジタルゴールド」と表現する人もいます。



2020年5月に4年に1度のビッグイベントを迎えるビットコイン

ビットコインの希少性を高める「半減期」と呼ばれる4年に1度しか起こらないようにプログラムされた一大イベントがあります。

半減期についてはここでは深く説明しませんが、市場への供給量が下がるものでビットコインの価格上昇に繋がるイベントと一般的には認識されています。

ビットコインは過去に半減期を2回迎えていますが、その3回目が2020年5月に来るとされており仮想通貨界隈では大変な盛り上がりを見せています。

もうすぐ半減期を迎えるから今からビットコインに投資しても意味ない!と思うかもしれませんが、過去のデータでは半減期直後は価格を上げず、1年ほどかけてじわじわと価格を上げています。

そのため、投資タイミングとしては今がチャンスと言える状況なのです。

ビットコインのデメリット

このようにビットコインには投資先として大きな魅力がありますが、もちろんデメリットもあります。

1番気になるのは「価格変動の大きさ」で、ゴールドや株式などと比べても暴騰・暴落の頻度が多くリスクの大きい資産です。

そのためビットコインをメインの投資先として選択するのはやりづらく、資産の1%~3%とするか多くても10%に留めて置くのが無難です。

 

楽天ポイントをビットコインに交換するメリット

日本のポイントサービスでビットコインと交換できるのは、楽天ウォレットのポイント交換と大手仮想通貨取引所のbitFlyerのTポイント交換の2つだけです。

先にポイント交換サービスが始まったのはbitFlyerのほうですが、Tポイントだと100ポイントを交換した場合85円分のビットコインと交換され、15%分は手数料として取られてしまいます。

一方楽天ウォレットなら手数料はかからないので、1ポイント1円相当で交換ができます。

 

ぽいらぶ
ぽいらぶ
ポイントを使ってビットコインを買うなら楽天ポイント一択ということがわかりますね

 

楽天ポイントは現金と同じ価値を持ってはいるものの、元々はポイントなので自分で仕事をしたりして稼いでいるわけではありません。

そのためポイントで投資をして損失を出したとしても、自分で稼いだ現金を投資したときと比べて精神的ダメージは小さく済みます。

ビットコインのような世間的にはまだ怪しい印象のある投資先に初めて投資をするなら、自分で稼いだ現金ではなく失ってもダメージの少ないポイントを使うのが非常に適しています。

そして儲け目的の投資はもちろんですが、ビットコインを実際に保有して仮想通貨という新しいジャンルの勉強をする目的の投資もありです。

世界ではお札をほぼ使わないキャッシュレス化に成功している国もありますし、日本でも数十年後はそうなっているかもしれません。

そのとき使われている通貨がビットコインなのかどうかは分かりませんが、可能性は0ではないので今のうちに勉強をしておくのは良いと思います。

 

楽天ウォレットで楽天ポイントを交換してビットコインを手に入れよう!

ビットコイン投資の魅力とポイント投資のメリットについて紹介しました。

楽天ウォレットでは最低100ポイントからビットコインやその他の仮想通貨にポイント交換をすることができます。

100ポイントなら普段のお買い物で簡単に集められる額ですし、完全に精神的ダメージ0のビットコイン投資をしたいのであればポイ活でコツコツ貯める方法もあります。

 

楽天 ポイ活
【ポイ活】超効率良く楽天ポイントを貯める方法4選楽天ポイントをお金を使わずに、コツコツ貯める方法は実はたくさんあります。 全部試せば、1日5時間くらい、楽天のポイントを貯めるため...

 

楽天のポイ活なら100ポイントは1日3分を10日ほど続ければ獲得することができるのでおすすめです。

ぜひ最強に貯めやすい楽天ポイントでビットコインを交換して、新しい技術に触れてみていただければと思います!