楽天ポイント

楽天銀行のスーパーVIPに月3000円でカンタンになる方法

 

楽天銀行には5つのランクが用意されていて、最上位のスーパーVIPになると様々なメリットがあります。

 

 

スーパーVIPになると、煩わしいATMの手数料が7回も無料になったり、他行への振込手数料が3回無料になったりと銀行を頻繁に使う人にとっては嬉しいメリットがあります。

しかし今回注目したいのが、楽天ポイントの獲得倍率が3倍になることで、これがスーパーVIPになる最大のメリットだと思います。

 

 

引き落としの度に3ポイント獲得できる

スーパーVIPになり楽天ポイント獲得倍率3倍になると、1回引き落としがされる度に最低3ポイント付与されます。

この3ポイント付与というのは、1円の引き落としであっても付与されるのが凄いところです。

1円支払って3ポイントもらえるのだから、2円分得しちゃいますよね・・・。

 

 

獲得倍率が1倍か3倍かというのは、1回だけなら2ポイントの違いしかないですが、楽天銀行でたくさん支払いをする人にとっては大きな違いが出てきます。

私はスーパーVIPになったあと、楽天銀行を使いまくって1ヶ月で1000ポイント近くもらったことすらあります。

それでは早速スーパーVIPにカンタンになる方法を見てみましょう。

 

マネーブリッジの設定と0万円設定

スーパーVIPになる条件は1ヶ月に300万以上預金しておくか、30件以上の取引をすることです。

片方が300万円の預金という条件になっているので、30件の取引というのも難しいはずなのですが、楽天証券を使えば30件の取引は普通に達成できてしまいます。

30件取引の設定の前に前提として、楽天銀行と楽天証券の紐づけをする「マネーブリッジ」という設定を済ませておく必要があります。

 

 

マネーブリッジの設定は1分あればできるほど簡単なので、あまり迷うことなく設定が完了すると思います。

そして楽天証券のページで以下の画像のように自動出金時の設定を0万円にするのがポイントです。

 

 

この設定をしていないと、証券口座にお金が残っている場合はそのお金から投資信託の買付けがされるので、楽天銀行での取引とならず取引回数を増やすことができません。

マネーブリッジやら0万円設定やら、複雑そうに見えますが、やってみると意外とカンタンなので安心してくださいね。

 

100円投資信託×30本

今回のスーパーVIPになる方法で1番時間がかかるのは投資信託を30本決めることです。

慣れない人なら1時間くらいかかってしまうかもしれませんが、1度設定を済ませてしまえば、翌月以降は自動的に買付けをしてくれるのでめんどくさいのは最初だけです。

設定方法としては、楽天証券内で好きなファンドを決めたら緑色の「積立注文」を押します。

 

 

次に引落方法は「証券口座」にし、「積立指定日」は好きな日を選びましょう。

 

 

あとは分配金コースと口座区分を選んで手続完了です。

これで選んだ積立指定日に毎月1回引き落としをしてくれるので、取引件数1件としてカウントされます。

  1. 好きなファンドを選ぶ
  2. 積立設定をする

これを30回繰り返せば毎月スーパーVIPになれる仕組み作り完了します。

 

再投資型と受取型で15本でOK

30本設定しろと言われても、投資信託のファンドを30本も選ばなくてはいけないのは非常に大変な作業ですよね。

しかし同じ種類のファンドでも、「分配金コース」を再投資型と受取型に分けて設定すると別々の取引として認識してくれるので、15本決めるだけで30回分の取引にすることができます。

 

 

「30本もファンドを決めるのは無理!」という人は1つのファンドで再投資型と受取型に設定して実質15本だけ決めるようにしましょう。

私も30本決めるのはめんどくさかったので、この再投資型と受取型に分ける作戦で15本に減らしました。

 

なお、15本決めるのが難しいという人には以下の記事でもおすすめの15本セットを紹介しているので、参考程度にどうぞ。

 

https://rakuten-help.com/nisa-3point

 

積立指定日の注意点

楽天銀行では1日に引き落としとしてカウントしてくれるのは15件までなので、同じ日に30件設定しておくと損をしてしまいます。

なので15日に15件分、16日に15件分と最低でも2日に積立指定日をわける必要があります。

でも1日15件分にしておくと、その日に何かあって引き落としがされると、その分のカウントもされずポイントも付与されないので、私は以下のように設定しています。

  • 毎月1日に10件分
  • 毎月2日に10件分
  • 毎月3日に10件分

こうすることで1日5件分の余力を残しつつ、スーパーVIPの条件を達成することができます。

 

あとは設定が終わったら、自分で設定した毎月の積立指定日に対象取引数としてカウントされているか楽天銀行にログインして確認しておきましょう。

 

設定に何の問題もなければ、スーパーVIPにランクアップするようになっているはずです。

 

まとめ

楽天証券で毎月30本買いつければ、スーパーVIPじゃない最初の月は30ポイントしかもらえませんが、翌月以降は90ポイントもらえるようになります。

私も今回紹介した、毎月3000円積立投資する設定をして、もらった90ポイントはまた投資に回しています。

そしてスーパーVIPになるために買い付けた投資信託でもほんのちょっとではありますが、利益が出ているので嬉しい限りです。