楽天経済圏生活のお得情報

楽天経済圏生活を始めるとどのくらいポイントが貯まるのか 実体験を交えて紹介

楽天経済圏とは日常で使っているサービスを楽天に置き換えて楽天ポイントを獲得することを意味します。

例えばこんな感じです。

  • デパートで買い物→楽天市場で買い物
  • 本屋で本を買う→楽天ブックスで本を買う
  • 地方銀行で預金→楽天銀行で預金
  • docomo契約→楽天モバイル契約
  • コンビニで現金支払い→コンビニで楽天ペイ支払い

楽天サービスのことをよく知らない人も、「楽天はポイントが貯まりやすい」という印象を持っていることが多いですが、何ポイントくらい違ってくるのかは実際に使わないと分からないかと思います。

そこで今回は私の実体験を交えて、楽天サービスを一切使ったことがない状態から一気に楽天サービスに切り替えて楽天経済圏生活をスタートしたとき、ポイントはどれくらい貯まるのかを紹介していきます。

 

この記事が特に役立つ人
  • 楽天経済圏生活に興味がある人
  • 節約をしたい人
  • ポイ活が好きな人

 

特に獲得ポイント数が大きい楽天でのネットショッピング

私自身は今でこそ多くの楽天サービスを使っていますが、楽天経済圏生活をスタートしたばかりのときはそれほど多くのサービスを使っていたわけではありませんでした。

最初に使い始めていたのは、

  • 楽天市場
  • 楽天ブックス
  • 楽天Kobo
  • 楽天カード

などの一部のサービスだけでした。

それでも年間10万円ほど現金で払っていたのを楽天カードに切り替えたことでまず1,000ポイント分得をすることができました。

楽天カードは支払い額の1%を楽天ポイントとして還元してくれます。

楽天カードはキャンペーンなどを組み合わせなければどれだけ使っても1%分しかポイントはつきませんが、ほとんどのお店で利用可能なのでまずは「現金を使わず楽天カードを使う」意識でポイント獲得数の底上げをしました。

 楽天ブックス×SPU×キャンペーンで12~15%還元

他にポイント獲得の数が大きかったのが本の購入です。

楽天経済圏生活をする前は本屋やAmazonで本を購入していましたが、楽天ブックス×SPUで多くのポイントを獲得することができます。

楽天サービスを使えば使うほどポイント還元されるSPUは頑張って使いこなせば10%分の還元はそこまで難しくありません。

SPUに楽天市場の様々なキャンペーンを組み合わせると常時12~15%のポイント還元が可能です。

私は年間5万円くらい本を買っていたので、最低でも6,000ポイントの獲得ができていました。

スーパーDEALとアイテムポイントアップの商品狙い撃ち

楽天市場の買い物中でも最もポイントが稼ぎやすいのがスーパーDEALと呼ばれる在庫処分的なキャンペーンとショップが独自開催しているアイテムポイントアップというキャンペーンです。

アイテムポイントアップは最大で20%分、スーパーDEALに至っては最大50%分のポイント還元ができるので、10万円の商品を買ったら5万ポイント還元も可能だったりします。

詳細は以下の記事で紹介しているので2つのキャンペーンを上手に活用しましょう。

 

スーパーDEAL 攻略
楽天スーパーDEALを攻略!Amazonより安く買う方法を紹介楽天市場で常時開催しているキャンペーンのスーパーDEALは、他のキャンペーンと比べて圧倒的にポイント還元率が高いのが特徴です。 ス...

 

アイテムポイントアップ 楽天
アイテムポイントアップ分を駆使して楽天ポイントを稼ぐ方法楽天市場でお買い物をしていると獲得予定ポイントに以下のような表示がされることがあります。 1番下の「アイテ...

 

ふるさと納税で大量ポイントゲット

実質2,000円相当の負担で返礼品が受け取れるお得なふるさと納税は楽天でも可能です。

1万円を超える高額な注文になりやすいふるさと納税は楽天のキャンペーンと組み合わせると絶大な効果を発揮します。

先程紹介したSPUや、たくさん買えば買うほどポイントの倍率が上がるお買い物マラソンを組み合わせて20%還元を達成してから10万円の返礼品を買えば2万ポイント付与…なんてこともできてしまいます。

欲しい返礼品が特にないという方も、お米のような普段から使う食べ物を買っておけば節税とポイント獲得でかなりの節約が可能ですよ。

 

 

私もふるさと納税を活用して1万を超えるポイントを獲得できました。

 



楽天証券×楽天カードで年間6,000ポイント獲得可能

楽天証券で投資信託という株式の詰め合わせパックを楽天カードで月間で最大5万円、年間60万円まで積立投資ができます。

楽天証券での積立でも楽天カード利用分の1%のポイントが付与されるので、60万円投資すれば6,000ポイントの獲得ができます。

もちろん投資なので元本が減るリスクはありますが、元々投資をしたい人にとっては確実に1%分のポイントがもらえるのは大きいです。

さらに楽天カードで獲得した分のポイントも楽天証券の投資に使うことができるので、楽天で資産形成を考えている人にはぴったりです。

 

楽天証券 SPU
3分でできる楽天証券SPUの達成方法をわかりやすく解説します!今回は2018年9月からSPUの仲間入りした楽天証券の1倍の条件達成方法を解説していきます。 証券サイトで何か操作をすると言うのは...

 

さらに楽天証券の投資信託は10万円を保有するごとに4ポイント付与されるようになります。

年間60万円投資すれば楽天カードの6,000ポイントに加えて24ポイントが毎月付与されるようになり、地味に嬉しいです。

 

まとめ:楽天カードとふるさと納税で楽天経済圏生活をスタートしよう

楽天経済圏生活を始めるには何はともあれ楽天カードを持っていることが必須です。

そしてSPUとお買い物マラソンを組み合わせてふるさと納税をすることでかなりのポイント数を獲得することができます。

どのくらい楽天サービスでお金を使うにもよりますが、生活のほとんどを楽天に置き換えてしまえば年間10万ポイントはそれほど苦労せず達成可能かもしれません。

楽天カードの利用だけで10万ポイント獲得を目指そうとすると、1,000万円の利用が必要になりますが、ふるさと納税やスーパーDEAL、アイテムポイントアップを使えば100万以下の利用でもいけます。