楽天ポイント

楽天の期間限定ポイントの上手な使い方と下手な使い方を紹介!

楽天 期間限定ポイント 使い方

楽天ポイントには半永久的に保有できる通常ポイントと、最短で数日、最長で半年でポイントが失効してしまう期間限定ポイントの2種類があります。

通常ポイントは楽天市場や楽天ポイント加盟店などのお買い物の利用はもちろん、楽天証券や楽天ウォレットなどの投資サービスを通じて現金化をすることも可能なほど幅広く使い道があります。

楽天証券で楽天ポイントを簡単に現金化する方法の紹介

 

一方の期間限定ポイントは現金化の裏技を使うことができず使い道が限られています。

さらに有効期限もあるので失効させないように焦って、いらない物を買ってしまうのは楽天経済圏暮らしをする人なら誰しも1度は経験したことがあるはずです。

そこで今回は使い道の難しい期間限定ポイントの上手な使い方と下手な使い方をそれぞれ紹介していくので、この記事を読んだ方は下手な使い方をしないように意識をして、上手な使い方をできるようにしていきましょう!

 

期間限定ポイントは楽天市場では使ってはいけない!

 

期間限定ポイントの使い方で最もポピュラーなのは楽天市場のネットショッピング利用ですが、これは下手な使い方とばっさり斬り捨てておきます!

その理由は楽天市場ではSPUという常時開催のキャンペーンがあり、ポイントの利用はこのSPUの恩恵をあまり受けることができないからです。

例として楽天市場で1万円の商品を全額ポイントで支払ったとすると、もらえるポイントは、

  • 楽天会員+1倍…100ポイント

このように1倍分の100ポイントのみです。

一方ポイントを使わず1万円を全額楽天カードで支払ったとすると、

  • 楽天会員+1倍…100ポイント
  • 楽天カード通常分…100ポイント
  • 楽天カード特典分…100ポイント

今度は300ポイントもらえるので、楽天カードを使わなかったときと比べて200ポイントも差がつきます。

さらに楽天カードの引き落し口座を楽天銀行にして、5と0のつく日に買い物をするとポイントの倍率が高くなるキャンペーンにエントリーしてから買い物をすれば、

  • 楽天会員+1倍…100ポイント
  • 楽天カード通常分…100ポイント
  • 楽天カード特典分…100ポイント
  • 楽天カード+楽天銀行…100ポイント
  • 5と0のつく日…200ポイント

このようにポイントだけの支払いだと100ポイントしかもらえない買い物が、楽天カードを使うだけで600ポイントをもらえるようになります。

楽天市場では楽天カードを使ったときにもらえるポイントが大きいので、ポイントは使わず楽天カードを使って買い物をするのが基本です。

 

期間限定ポイントの上手な使い方

楽天市場でのポイント利用は良くないというのがわかったところで、本題の期間限定ポイントの上手な使い方を紹介していきます。

楽天モバイルでの期間限定ポイント利用

私の1番おすすめの期間限定ポイントの使い方は、楽天モバイルの毎月の携帯料金に充てることです。

1度設定を済ませてしまえば、毎月自動的に期間限定ポイントで支払いをしてくれて、期間限定ポイントで足りない分は楽天カードなど他の方法で引き落としがかかります。

4月8日からサービス開始されている楽天アンリミテッドは、月額が2980円なので、毎月3000ポイントを貯めて全部ポイントで支払おうと、ポイントを貯めるモチベーションも上がるちょうど良い金額です。

といっても、今現在開催中のキャンペーンで先着300万名までの申込みは1年間無料なのでその対象の人はしばらく携帯料金の支払いを気にする必要はありませんが…

 

楽天モバイルのキャンペーンを確認する

 

ちなみに私は楽天アンリミテッドが始まる前はスーパーホーダイのプランSを契約していましたが、毎月SPUで稼いだ期間限定ポイントで支払っていたので、お金で支払ったことはありませんでしたね。

 

 

楽天でんきで期間限定ポイント支払い

 

楽天でんきはその名の通り、楽天の電力供給サービスです。

こちらも楽天モバイルと同様に、電気代の支払いに期間限定ポイントを使うことができます。

新規契約で2000ポイントもらえるキャンペーンに加えて、楽天でんきのSPUで0.5倍分倍率が高くなるので、期間限定ポイント消費以外でも魅力的なサービスです。

 

公式ページを確認する

 

楽天ペイで期間限定ポイント支払い(6月30日まで)

 

楽天市場ではポイントで支払った分には様々なSPUのポイントがつきませんでしたが、楽天ペイはポイントで支払った分にも5%還元してくれるという太っ腹な仕組みです。

なお、楽天ポイントカードではポイント支払いでは1%(1倍)分以上のポイントをつけることはできないので、5%還元されるのは楽天ペイだけのメリットと言えますね。

ただし期間限定ポイントの利用分にも5%をつけるには条件があります。

  • 5%還元になるのは消費者還元事業の対象店舗のみ
  • キャッシュレス還元の期間内のみ5%になるので、6月30日までの利用が対象(キャンペンページはこちら

 

ポイント還元率だけで考えれば、楽天モバイルは100ポイントにつき1ポイント還元、楽天でんきは200ポイントにつき1ポイント還元ですが、楽天ペイの対象店舗なら100ポイントにつき5ポイント還元です。

必要な物の購入ということであれば、6月30日までは楽天ペイで期間限定ポイントを使うのが1番お得な利用方法になります。

 

どうしても期間限定ポイントの使い道がないときの対処法

普段から楽天を使って期間限定ポイントをたくさん手に入れている人は、月末ギリギリに、

 

期間限定ポイントがあと数時間で失効しちゃう!

 

と、気付くこともあるでしょう。(私もこの状況になることがたまにあります)

楽天ペイで期間限定ポイントを消費するのが1番効率が良いのは先程紹介したばかりですが、外出ができず買い物ができないとか、欲しい物がない場合もあると思います。

そんなときは楽天市場でギフト券などの金券類を購入して期間限定ポイントの消費をおすすめしているサイトなどを見かけますが、金券類にはSPUやお買い物マラソンなどのキャンペーンのポイントが付与されない仕様があります。

 

以下の商品についてはキャンペーン対象外になります。
・1商品ごとの購入金額が100円に満たないお買い物
・送料またはラッピング料
・金券類など換金性の高い商品(商品券・ギフト券など)
※同一注文内に金券類以外の商品が入っている場合は、その商品も対象外になります。

ポイントキャンペーンにおける注意事項より引用

 

そこで私のおすすめは、使い道の広いiTuneカードもしくはGooglePlayカードを買って期間限定ポイントを消費することです。

 

created by Rinker
¥1,500
(2020/06/07 06:25:50時点 楽天市場調べ-詳細)

 

これらも換金性の高い商品に当たりそうですが、注文前の獲得予定ポイントにSPUの付与予定がばっちり載りますし、

  • SPU
  • お買い物マラソン
  • 5と0のつく日は楽天カード利用
  • 全ショップ2倍

など様々なキャンペーンのポイントが付与されるのは実際に注文して確認済みです。

楽天市場での購入なので、楽天カードで全額支払いをするのがもっともポイントが多く付与されますが、楽天モバイルのSPU1倍などその他のSPUやキャンペーンに関しては期間限定ポイントの利用でも特典ポイントがもらえます。

月末ギリギリで買いたい物も特にないという状況なら、使い勝手の良いこれら2つのギフトコード購入がおすすめですよ。

 

期間限定ポイントの使い方まとめ

楽天の利用でみんなが頭を悩ませるのが、通常ポイントと違って使い勝手の悪い期間限定ポイントを失効させずに有効に使う方法です。

その期間限定ポイントの使い方について紹介してきた内容を一言にまとめてみます。

 

今回のまとめ
  • 楽天市場でのポイント利用はもったいない。買うなら楽天カードで
  • 1番のおすすめは楽天モバイルで携帯代を毎月ポイント支払い
  • 楽天でんきでの電気代支払いにも使える
  • 楽天ペイでのポイント利用が最も効率が良い(6月30日まで)
  • 月末ギリギリに期間限定ポイントの消費で困ったらギフトコード購入を

 

以上、この5点を意識して期間限定ポイントを使っていくと損せずに上手に使い切れると思います。

 

ポイントが貯まらない人
ポイントが貯まらない人
使い道に困るほどポイント貯まらないし…

 

という方には以下の記事で楽天市場の注文でポイントが貯まる方法を紹介しています。

今回楽天市場ではポイントを使わず楽天カードを使うのが基本だと言いましたが、それ以外にも知っておくだけでポイント獲得数に差がつく隠れキャンペーンの存在などにも触れているので、ぜひこちらも読んでいただければと思います!

 

楽天ポイント 裏技
【永久保存版】楽天ポイントが貯まる最強の注文方法楽天市場の商品は同じ商品でもAmazonと比べると割高なことが多いです。 しかし様々なキャンペーンを組み合わせてポイント還元を考え...