楽天ポイント

楽天証券で楽天ポイントを簡単に現金化する方法の紹介

楽天ポイント 現金化

 

気付いたら大量に溜まっていることで有名な楽天ポイントを現金として使いたいなと思ったことはありませんか?

また、現金がなくて困っているけど楽天ポイントだけはあるという人もいるかもしれません。

そんな人におすすめなのが、楽天証券でポイント買付けをして現金化するという方法です!

あらかじめ楽天証券の口座開設をしておく必要はありますが、すでに楽天証券口座を持っている人は簡単にポイントを現金化することができちゃいます。

ほんのちょっとだけ注意点が必要ですが、現金化するは誰でもできる簡単な方法なので安心してくださいね。

 

楽天ポイントで買付けをする方法

まずは楽天証券にログインをし、ポイント買付けをする商品を探します。

 

 

ページ上部に検索フォームが用意されているのが見えるかと思います。

ここで最初は「国内株式」が選択されているので、1番下にある「投資信託」に変更してから「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」をコピーして検索フォームに貼り付けましょう。

 

 

このページから「通常注文」の方を選択すると、目論見書の閲覧が要求されるので、さっと目を通したら下の「次へ」を押します。

次へを押すとポイント買付けができる画面がでてくるので、ここで自分が現金化したいポイント数を入力します。

 

 

買付金額」は自分が持っているポイント数を入力し、「ポイント利用」の項目はすべて使うにしましょう。

ポイント買付けができる可能なポイント数が「利用可能ポイント」のところに表示されるので、そこを参考にしてみてください。(上の画像では0になっていますね・・・)

分配金コース」はどちらを選んでも問題なく、「口座区分」は特定にチェックを入れておきましょう。

そして「確認」を押してから4桁の暗証番号を入力するとポイント買付けの手続き終了です。

 

 

楽天PointClubで交換申請受付中とひょうじされていればポイントを使った買付けが成功しています。

問題なくポイントが使われているか、手続き後に一応確認しておきましょう。

ポイントで買付けたら、大体3~6日くらいで運用が開始されます。

 

ポイントで買い付けた分を現金化する方法

先程の手順で運用が開始された商品をすぐに解約することで現金化することができます。

解約の方法はポイント買付けのときよりさらに簡単です。

まずは楽天証券のトップページから、「保有商品一覧」をタップし左から3番目の「投信」を選びます。

 

 

するとこんな感じで自分が買付け分のファンドが表示されるので、現金化したいファンドを選んで「解約」をタップしましょう。

 

 

口数は「全部解約」を選びましょう。

 

 

最後にこの画面が表示されます。

受渡日が銀行口座にお金が振り込まれる日なので、この日までは現金化して使うことができません。

 

楽天ポイントを現金化するときの注意点

 

楽天ポイントを現金化するうえで4つ注意点があるのでそれを確認していきましょう。

期間限定ポイントは現金化できない

楽天ポイントと一言でいっても、通常ポイントと期間限定ポイントと分かれています。

楽天証券を使って現金化できるのは通常ポイントだけなので注意が必要です。

期間限定ポイントを現金化する方法は残念ながら存在しないため、普通にポイントとして利用するしかありません。

 

現金化できるポイント数には限度がある

仮に100万ポイントを持っていたとして、全部のポイントを丸ごと現金化できるわけではありません。

そして現金化できるポイント数は、楽天の会員ランクによって異なっています。

 

ランク 1回の注文の上限 1ヶ月の注文の上限
ダイヤモンド 50万ポイント 50万ポイント
それ以外のランク 3万ポイント 10万ポイント

 

この表の通り、ダイヤモンドランク以外は1ヶ月で最大10万ポイントまでしか現金化できないようになっています。

もし10万ポイント以上現金化したいという人は、ダイヤモンドランクになってからポイント買付け手続きを行う必要があります。

 

ポイント買付けから現金化までに10日ほどかかる

手続き自体は簡単ですが、現金化までには日数がかかります。

土日や祝日などの休業日の関係もあって、現金化できるまでの日数は異なりますが、大体は10日ほどかかります。

なので今すぐ現金が必要という人にはこの方法は向かないため、前もってポイント買付けの手続きをしておくなど、注意をしておきましょう。

 

金額が減るリスクが多少ある

株価や運用状況によっては1万ポイントを買い付けて9000円になってしまうという可能性も一応あります。

しかしポイント買付け後即解約をして10%もマイナスになることは早々ありませんし、上の方でおすすめしたeMAXIS Slim 国内債券インデックスという商品は、債券に投資をするファンドでした。

債券は値動きがあまりしない商品なので、1万円の投資でも数日で動くのはせいぜい10円程度です。

なのでポイントをそのまま現金化したい人にとっては金額を大幅に減らしてしまうリスクの少ないおすすめの商品なのです。

もちろんマイナスになる可能性もあればプラスになる可能性もあるので、1万ポイント買い付けし、10010円になって現金化できる場合もあります。

 

まとめ

楽天ポイントを簡単に現金化する方法を紹介しました。

大量にポイントが余っていて、現金が欲しいという人はぜひこの方法で現金化を検討してみてくださいね。